RAW現像サンプル

今日は近所の川に白鳥を撮りに出かけた。
上の写真、左がデジカメで撮ってそのまま(jpg)表示させたもの。右がRAWデータをパソコンで現像(明るさや色合い調整)したもの。
デジカメには「jpg撮影」と「jpg+RAW撮影」の設定がある。後者の方はデータ量が大きくなるが、綺麗な写真にしたい場合RAWで撮ったほうが賢明である。
現像ソフトはデジカメについてきてるはず。
画像編集ソフトphotoshopでもjpg画像を調整することができるがRAW現像のきめ細やかさには敵わない。
その他、トリミング(余分な部分のカット)も利用するとより自分のイメージしていた画像に近づく。

RAWトリミング

フィルムカメラ時代、マニアは押し入れに暗室を作り一発勝負で自前現像していたことを考えると、何度でもやり直しの利くデジカメのPC現像は夢の様な話なのかもしれない。

いつかどこかで読んだ川柳。

「フォトショップ 覚えて写真 下手になり」

御意。