WINDOWS7で、システムスリープ中に、外付けのUSBを外し、起動させたらRAIDが壊れてしまった。

すかさず、主なデータをバックアップ。
アラートだけでは、どちらのHDDが壊れたのか判明せず、カバーを開けて一方のHDDのSATAケーブルを抜いてみる。
最初は正常なほうを抜いてしまい、システムダウン(再起動がかかり、その後も起動せず)。

RAIDのBIOS画面で、認識されているHDDのポートを控え、POW OFF。ケーブルを挿し直し、再度BIOS画面で、不良HDDを削除(MBRも)し、windowsを起動させる。

HDP725050GLA360 → OK
HDS721050CLA360 → NG BIOSにて削除

その後、自動的にRAID(ミラーリング)の再構築が始まった。
4時間経過で進捗78%

BIOSでRebuild(再構築)をしそうになったが、windowsで自動的に始まることを思い出し、やめた。
BIOSでやると、再構築中にこうしてblogも書けない。

今回は、ハード的な故障ではなかったようだ。
論理的に壊れたHDDをBIOSで一旦削除し、新たなHDDとして認識させ、自動再構築に持ち込むことが出来た。

RAID NVIDIA M/B GIGABYTE

今日は、htmlやCSSに便利なエディッタを見つけた。
Crescent Eve http://www.kashim.com/