大須賀歌で八戸を元気にしよう!というユニット「We are the Hachinohe!」に参加して1年半。
公会堂の八戸パフフォーマンス劇場や七夕まつりなどで歌ってきた。
今年2月のパフフォーマンス劇場では総勢60名のメンバーで歌った。
歌うといっても私はバックコーラス。その中でも「くちパク隊」・・隊とは言えないかもしれない・・歌は苦手な私です。

そんな私が新曲の歌詞を書く機会に恵まれました・・思い切って手を挙げてみました^^
作曲は度々ココにもコメントを頂く、カリスマピアノ講師兼作曲家のマドックさん。
あの「いかの街はちのへ」の作詞・作曲されたマドックさんです。

八戸の自然と祭を四季に分けて歌詞にして見ました。
曲は、よさこい風味のノリノリのメロディです。
5/10の正午過ぎ、ピアドゥ祭で初披露です!是非来て下さいませ!

「花鳥風月」

春の蕪島 揺れるウミネコ 波の華
 海鳴り太鼓 磯の潮騒 子守唄
 命をかけて 荒波挑む 男達
 冷たい雨に 涙仕舞った 女達

夏の夕日に 遠く聴こえる 笛太鼓
 三社の祭 七夕まつり 胸おどる 
 大地も揺らす 花火の音に 何想う
 お前の描いた でっかい夢を 打ち上げろ

秋の木枯らし 落ち葉が飾る 風の道
 大須賀歩く 寄せる波間に 砂も鳴く
 淀の松原 種差の丘 葦毛崎
 烏賊釣り船が 夜空も焦がす 漁火よ
 

冬は雪舞う 音も立てずに 降り積もる
 えんぶり囃子 雪をも解かす かがり火よ
 恵比寿が舞った 喜び舞った 銭太鼓
 烏帽子もうねる 春呼ぶまつり 夢が舞う

We are the Hachinohe!」で演奏も聴けます。

写真は2008/3/30の夕方撮影。この場所から大須賀海岸へ登ったところが八戸の絶景ポイントじゃないかなぁ。