以前、新井田公園で読書をしたと言う記事を書いた。
今日も読書をしてきた。半袖では少し寒かった。
グラウンドでは中学生かな・・サッカーの試合をしていた。
遠くに聞こえる女子の黄色い声援がすごかった^^
「〇〇くんのカッコイイところが見てみた~い♪」だって。
ん~男性心理を鋭くエグるこのセリフ。誰が考えたんだろう・・なんてこと考えながら頁を捲る。

ふと横を見ると5,6才の男の子とお母さんがサーカーをしていた。さらに向こうではお母さんがピッチャーをやって男の子が打っていた。
何故かお母さん。どうした・・お父さん!

そして多いのは犬の散歩。
まるでぬいぐるみの様にかわいい洋服を着こなしたセレブな洋犬たちの社交場。
そこへやってきたのが、素っ裸の柴犬・・一気に空気が和む。
その柴犬、綺麗にトリミングされた栗毛色のプードルの匂いを盛んに嗅いでいる。
私の「こら!やめろ。お前は侍だろ!」という心の叫びなんか届くわけも無く・・悲しい男の性を見守るしかないのでした。

本を閉じ、帰りの車から見たのは、シニアな人たちが、ゴルフクラブでバトミントンの羽のような物を傘を逆さにした網の中に入れるゲーム。

広い新井田公園には色々なドラマがありました。