星空日本一「今夜、星空日本一観に行きませんか?」8月4日嬉しいメールが舞い込んだ。
場所は「星空日本一」の洋野町の牧場。添付されてきたこの写真はメールの差出人、天体観測歴40年のD氏が4年前に撮影したもの。この写真と同じ星空が観れるとのこと。

月の沈んだ20:30、D氏親子、M氏親子と共に洋野町へ向かった。
進行方向に見える明るい星が木星・・などと説明してもらいながら道を急ぐ。子供の国あたりではまだ木星しか見えない。山道を進むにつれ星も増えてきたが、ヘッドライトの明かりに目が慣れているのでまだまだ見えていない星もありそうだ。
やがて目的地へ着き、目が慣れてくると写真のような満天の星空が現れた。
天体望遠鏡を見せてもらった、木星のシマが見える、木星の周りを回る衛星が見える。そのほか二重星、アンドロメダ星雲、いっぱい見せてもらった。

23:30帰るころには東方の空から三色に輝くカペラと昴も上がってきた。
夏の大三角、月も無く快晴。滅多にないコンディション。最高に贅沢な夜を過ごした。